長谷部 奥寺に続く日本人2人目の独200戦出場

[ 2016年1月31日 05:30 ]

<アウクスブルク・フランクフルト>前半、競り合う長谷部(左)

ブンデスリーガ第19節 フランクフルト0―0アウクスブルク

(1月30日)
 フランクフルトで日本代表MF長谷部がブンデスリーガ通算200試合出場を果たした。

 30日、アウェーのアウクスブルク戦に右サイドバックでフル出場。08年に浦和からドイツに移籍して9シーズン目で、日本人最多のリーグ234試合に出場した奥寺康彦に続く2人目の大台に到達した。後半に警告を受けながらも、堅実な守備で完封に貢献。今季日本人最長の1546分出場と、32歳のベテランは健在だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年1月31日のニュース