本田 五輪OA枠出場に含み「依頼されれば考える」

[ 2016年1月31日 05:30 ]

ACミランの本田はOA出場に含みをもたせた

 ACミランのFW本田が30日付のイタリア紙レプブリカのインタビューに応じ、リオ五輪にオーバーエージ(OA)枠で出場する可能性に言及した。「リオへはU―23(23歳以下)が行くべき」と持論を展開した一方で「協会から出場を依頼されれば、それは考える」と08年北京五輪以来、自身2度目の五輪出場に含みを持たせた。

 また、同日付のコリエレ・デロ・スポルト紙にもインタビューが掲載され、6位と苦戦するチームの現状に言及。「監督が、選手が、そしてファンが哲学を共有して1試合ごとの結果に左右されることなく我慢する必要がある」との見解を示した。契約を1年半残す自身の去就については「ファンが僕の成績に満足していないことは分かっているが、僕は最後まで全力を尽くす」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年1月31日のニュース