蛍 ホロ苦新天地デビュー…酒井宏とともにフル出場も大敗

[ 2016年1月31日 05:30 ]

ブンデスリーガ第19節 ハノーバー0―3レバークーゼン

(1月30日)
 C大阪から加入したハノーバーMF山口が新天地でデビューを果たした。30日のレバークーゼン戦にDF酒井宏とともにフル出場。

 シャーフ監督は山口の練習での姿勢を「1秒たりとも力を抜かない」と高く評価。4―4―2の布陣で、山口はダイヤモンド形の中盤の右MFを担った。速さがあり技術も高い攻撃陣をそろえるレバークーゼンが初戦の相手というのは、山口には不運だったようだ。序盤は様子をうかがうような守備が目立ち、相手の長身FWに簡単にかわされる場面も見られた。0―3大敗と苦い結果となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年1月31日のニュース