U―21代表 ア大会へ合宿開始、14日にクウェートと対戦

[ 2014年9月8日 19:33 ]

 仁川アジア大会のサッカー男子に出場するU―21(21歳以下)日本代表が8日、千葉県内で合宿を開始し、小雨の中で約1時間半、MF大島(川崎)やFWの野津田(広島)鈴木(新潟)らがパス練習などで調整した。12日に現地入りし、開会式に先駆けて14日に1次リーグD組初戦でクウェートと対戦する。

 2大会連続金メダルが懸かるアジア大会は、2年後のリオデジャネイロ五輪を目指すチームの本格的な始動となる。手倉森監督は「初戦が大事なので、まずはクウェートに対してやれるだけのことをやり尽くす。日本がアジアで一番の強豪国であることを示したい」と意気込みを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年9月8日のニュース