川崎F 2年連続4強進出!大久保 出場停止リーグの分も決めた

[ 2014年9月8日 05:30 ]

C大阪戦の後半、ゴールを決める川崎F・大久保(中央)

ナビスコ杯準々決勝第2戦 川崎F2―3C大阪

(9月7日 等々力)
 川崎Fは2年連続となる4強進出を決めた。

 1―1の後半13分、ロングボールからのこぼれ球を元日本代表FW大久保が左足で冷静に流し込む。最後はC大阪に逆転を許し2―3で敗れたが、2戦合計スコアは5―4で上回り突破を決めた。32歳のベテランFWは、相手に右太腿を蹴られ後半32分に途中交代したものの、軽症の様子。リーグ戦では今後2試合の出場停止処分を受けているだけに、「2試合出られない分、前半から飛ばしていった」と笑顔だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年9月8日のニュース