リトルなでしこ・高倉監督「ひとつ大きな宝物をもらった」

[ 2014年4月5日 10:06 ]

<日本・スペイン>前半、競り合う長谷川(右)
Photo By スポニチ

U―17女子W杯 日本2―0スペイン

(4月4日 コスタリカ・サンホセ)
 世界一が決まり、満面に笑みを浮かべて選手と抱き合った“リトルなでしこ”の高倉麻子監督(45)。「小さいなでしこたちが、本当に緊張で震えていた感じだったのが、堂々と戦ってくれた」と喜びを語った。

 試合前には「今までやってきたことをグラウンドで出し切ろう」と指示。イレブンは、その言葉通りにピッチで躍動した。開始早々に西田が先制弾。後半30分過ぎてから、児野がトドメのゴールと理想的な試合展開。指揮官は「選手全員が目標に向かって日々努力してきた」結果であることを強調した。

 「ひとつ大きな宝物をもらった。さらに上を目指してレベルアップしてほしい」。高倉監督はさらなる高みを見ている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月5日のニュース