愛知県 20年フットサルW杯開催地に立候補

[ 2014年4月5日 05:30 ]

 愛知県は20年フットサルW杯の開催地に立候補することを明かした。大村秀章知事と県サッカー協会の鈴木登会長が9日に日本サッカー協会の大仁邦弥会長と会い、招致活動の実施を要請する。

 大村知事は「東京五輪で一極集中が進まないよう強力なコンテンツで愛知の魅力を発信したい」と訴えた。招致理由にはフットサルのウイダーFリーグで7連覇中の名古屋の本拠地で環境が整っていることを強調した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月5日のニュース