「リトルなでしこ」杉田妃和がMVPに 5得点でV貢献

[ 2014年4月5日 11:25 ]

サッカーのU―17女子W杯で初優勝し、喜ぶ日本イレブン

U―17女子W杯 日本2―0スペイン

(4月4日 コスタリカ・サンホセ)
 リトルなでしこ主将の杉田妃和(ひな)が最優秀選手に選ばれた。大会2位の5得点。この日決勝でも攻撃の起点となり、優勝に貢献した。

 上空にリトルなでしこの世界一を祝う花火が打ち上げられる中、日の丸が振られ、紙吹雪が舞うスタンドで行われた表彰式。杉田は最高の笑顔を見せ、イレブンの中心で優勝トロフィーを掲げた。

 同じ藤枝順心の児野は試合前「優勝して笑うねん」と話していたが、言葉通りに2点目のゴール。そして、杉田は「最後まで全員で楽しむ」と語り、こちらも有言実行で最高のフィナーレを迎えた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月5日のニュース