宇佐美所属のホッフェンハイム クアツ監督を解任

[ 2013年4月2日 19:03 ]

 サッカーのドイツ1部リーグで、MF宇佐美貴史の所属するホッフェンハイムは2日、成績不振によりマーコ・クアツ監督とアンドレアス・ミュラー強化部長を解任したと発表した。後任にはステフェンス元監督の下で昨年12月までシャルケのコーチを務めていたマークス・ギスドル氏が就任する。

 ホッフェンハイムは降格圏内の17位に低迷している。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年4月2日のニュース