FIFA、14年W杯で優先候補にGコントロール

[ 2013年4月2日 23:51 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)は2日、2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で採用する、先進技術でゴール判定を補助するゴールライン・テクノロジー(GLT)の優先候補に「ゴールコントロール」を選んだと発表した。6月にブラジルで開催されるコンフェデレーションズ・カップでも使用される。

 ゴールコントロールはドイツの企業が開発した。14台の高速撮影カメラでボールを捕捉し、判定を助ける仕組み。

 GLTではゴールレフ、ホークアイ、カイロスがリストに入っておりゴールコントロールは四つ目の候補だった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年4月2日のニュース