還暦ザック監督「120歳まで」 JFAで誕生会

[ 2013年4月2日 06:00 ]

報道陣から贈られたバースデーケーキを手にする日本代表のザッケローニ監督

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督が1日、60歳の誕生日を迎えた。ミーティングのために訪れた東京都文京区のJFAハウスで「60という節目の年を日本で迎えられてうれしい。一生忘れられない誕生日になった」と喜んだ。

 先月26日のW杯アジア最終予選ヨルダン戦に競り負けて出場権獲得は6月に持ち越されたが、気持ちを切り替えた様子。報道陣から「60」の数字が入ったケーキと還暦にちなんだ赤いネクタイを贈られると笑顔を見せた。年を重ねてもサッカーへの情熱が衰えない指揮官は「まだまだいけると思っている。60歳で1周目が終わって2周目に入った。120歳までは」とジョークを交えて意欲を語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年4月2日のニュース