エスクデロが先制点「きれいなゴール」と自賛

[ 2013年4月2日 23:06 ]

ACL1次リーグE組 仙台1―2FCソウル

(4月2日 ソウルW杯)
 元J1浦和で、日本国籍を持つFCソウルのエスクデロが鮮やかな先制点を決めた。前半5分に左サイドからモリーナとパス交換し、右足で豪快に蹴り込み「きれいなゴール」と自賛した。

 昨季途中にFCソウルに入り、今季から背番号9を与えられた。北京五輪代表候補にも名を連ねた24歳のアタッカーは「こっちに来て自信がついた部分もあるし、そういうのを見せたかった。ただ、いつもやっていることをやるだけだと思った。それでゴールが生まれたのは良かった」と喜んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年4月2日のニュース