久保竜彦が現役復帰 社会人リーグの廿日市FCでJ3目指す

[ 2013年3月28日 20:47 ]

廿日市FCに加入する久保竜彦

 広島県社会人サッカーリーグ1部に所属する廿日市FCは28日、J1の広島や横浜、日本代表で活躍したFW久保竜彦(36)ら3選手が現役復帰しクラブに加入すると発表した。

 久保は95年、広島に入団。03年に横浜に移籍し年間最優秀選手に。トルシエ監督、ジーコ監督時代には日本代表にも選ばれ11ゴールを挙げている。10年にJFLの金沢へ移籍後、J2昇格を目指したがかなわず引退。昨年、特定非営利活動法人廿日市スポーツクラブのコーチ、およびアンバサダーに就任していた。

 広島、新潟などで活躍し11年までJ2北九州に所属したMF桑原裕義(41)、J2愛媛に昨年まで所属したFW大木勉(37)も入団。J3参入を目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2013年3月28日のニュース