カズ レーザー攻撃に怒り「サッカー界にとってよくない」

[ 2013年3月28日 06:00 ]

ヨルダン戦の前半、顔にレーザー光線のようなもので妨害を受けるGK川島

W杯アジア最終予選B組 日本1-2ヨルダン

(3月26日 アンマン)
 カズが日本代表について“問題なし”を強調した。前夜はテレビ観戦。「まだリーグ首位であることに変わりはない。次のオーストラリア戦で勝って決めてもらいたい」と話した。

 午後11時キックオフと、普段なら床に就いている時間のため「(遠藤の)PKのシーンはウトウトしていて覚えてない」と明かしたが、川島がレーザー光線を照射された場面については「サポーターのあの行為はサッカー界にとってよくない」と苦言を呈した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2013年3月28日のニュース