PR:

あの遠藤が!!PK外した…レーザー妨害「気にしなかった」

<日本・ヨルダン>後半、遠藤の顔に当たるレーザーの光線

W杯アジア最終予選B組 日本1-2ヨルダン

(3月26日 アンマン)
 決めていればW杯出場決定弾となっていたPKを失敗したが、日本代表MF遠藤は淡々としていた。「外してしまったものは取り返しがつかない。次に(PKで)どうやったらいいのかを考えていきたい」。内田が倒されて得た後半26分のPK。右隅を狙った一撃は相手GKに完璧に読まれてセーブされた。国際Aマッチでは、試合中のPKは4回目、PK戦を含めれば8回目で初の失敗となった。

 PKの場面を含め何度もレーザー光線を照射される妨害を受けたが「分かっていたけど、気にはしなかった」と振り返った。6月のオーストラリア戦を見据え「今度はアーリークロスやロングボールを使ってくる違ったチーム。ここで失点したセットプレーにも気をつけたい」。屈辱を糧に日本の司令塔が立ち上がる。

[ 2013年3月28日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月19日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム