ゴンの後継者、背番号9の山崎 悔しいノーゴール

[ 2012年7月8日 06:00 ]

<広島・磐田>後半、広島・中島(左)と競り合う磐田・山崎

J1第17節 磐田0―2広島

(7月7日 広島ビ)
 磐田は最後までゴールを割れなかった。

 0―0の後半30分、ロンドン五輪のサポートメンバー山崎が、山田のクロスを左足ダイレクトで打ったが、相手GKに阻止された。磐田の背番号9として、08年の中山雅史(現札幌)以来4年ぶりのリーグ戦得点を狙った山崎は「ミートすることだけを考えて(GKの)正面に行ってしまった。コースを狙わなければ」と悔しがった。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2012年7月8日のニュース