“チームアドバイザー”大儀見 中学生とリフレッシュ

[ 2012年7月8日 06:00 ]

東海大翔洋中サッカー部とのミニゲームでボールキープする大儀見(左端)

 なでしこジャパンのFW大儀見優季(24=ポツダム)が7日、チームアドバイザーを務める静岡・東海大翔洋中を訪れ、女子サッカー部の練習に参加した。

 男子サッカー部員も加わる中、巧みなドリブルを披露。生徒たちに交じって参加したミニゲームではGKを務めた後、本職のFWでシュートを連発した。「違った意味でのトレーニングになった」と心身ともにリフレッシュした様子。最後は生徒たちから「オリンピック頑張ってください」とエールを送られ、笑顔を見せていた。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2012年7月8日のニュース