五輪代表の大宮・東 今季初ゴールの好機逃がす

[ 2012年7月8日 06:00 ]

<鹿島・大宮>前半、絶好のチャンスを決められなかった大宮・東

J1第17節 大宮0―1鹿島

(7月7日 カシマ)
 ロンドン五輪代表の大宮・東はチャンスを決めきれず、今季初得点を逃した。前半は積極的に攻撃に絡み、同14分に相手DFの裏に抜け出したが、右足のシュートはGK曽ケ端に阻まれて頭を抱えた。

 後半24分に交代した後にチームは決勝点を許して敗れ「自分を含めてチャンスはあった。もったいない試合」と悔しがった。五輪代表の攻撃的MFは激戦区。最終予選で全6試合に先発し2得点と活躍したが本大会でのスタメンの保証はない。「代表でしっかりプレーして帰ってきたい」と11日のニュージーランド戦でのアピールを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2012年7月8日のニュース