柴崎 W杯アジア最終予選候補に浮上!

[ 2012年5月11日 06:00 ]

2月の代表招集時にザッケローニ監督(中)の指導を受ける柴崎

 鹿島のMF柴崎岳(19)が、6月から始まるW杯アジア最終予選の日本代表候補にリストアップされていることが分かった。

【日本代表試合日程&結果】

 アルベルト・ザッケローニ監督(59)がその才能を高く評価しており、既に日本協会を通し鹿島側にコンディションなどの調査を行っている。状態次第では、23日の親善試合アゼルバイジャン戦(エコパ)に招集される可能性もある。

 ザッケローニ監督がW杯アジア最終予選を前に、プラチナ世代のボランチに目を付けた。日本協会関係者によると、イタリア人指揮官は柴崎を高く評価しており、6日の鹿島―鳥栖戦など既に複数の試合を視察済み。鹿島側にも今後、日本代表に招集する可能性があることを伝えているという。

 ザックジャパンの中心選手であるMF遠藤(G大阪)が慢性的な右股関節痛を抱えていることもあり、貴重なバックアップとして大きな期待をかけているもようだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月11日のニュース