Aマドリード欧州リーグV!ファルカオ2季連続得点王

[ 2012年5月11日 06:00 ]

優勝カップを掲げるFWファルカオと、アトレチコ・マドリードの選手たち

 日本がロンドン五輪で対戦するU―23スペイン代表のメンバーが多く出場した欧州リーグ決勝が9日に行われ、Aマドリードがビルバオとのスペイン勢対決に3―0と快勝し、2季ぶり2度目の優勝を決めた。エースのコロンビア代表FWファルカオ(26)が2得点。ポルトに所属した昨季に続き、2季連続で大会制覇と得点王(12点)のタイトルを獲得した。元アルゼンチン代表MFのディエゴ・シメオネ監督(42)は史上3人目となる選手、監督の両方で優勝を達成した。

 AマドリードのエースFWファルカオが卓越した個人技で“連覇”を決めた。前半7分に右45度から豪快にゴール左上へ突き刺すなど利き足でない左足で2得点。大会通算29試合29得点で、前身のUEFA杯を含めた歴代得点ランクで2位タイに浮上した。今季ポルトから移籍して2季連続の大会制覇と得点王を達成し「多くの人が移籍は失敗だと言ったが、それが間違いだったと証明できた」と胸を張った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月11日のニュース