川崎F 天国の名コーチに今季初の3連勝誓う

[ 2012年5月11日 06:00 ]

 川崎Fは白血病のため6日に死去した元フィジカルコーチのマルセロ・ポンテス・ロペスさん(享年45)を悼み、12日の柏戦で試合前に黙とうを行い、選手、スタッフが喪章を着けて戦う。

 田坂は「一度は(病状が)良くなったと聞いていたが、残念です。(04年にプロ入りし)プロとはこういうものだと教わった。好きなコーチでした」と話した。元日本代表DFの寺田コーチは「現役時代、ケガが多くて、よくお世話になった。ご冥福をお祈りしたいです」。天国の名コーチに今季初の3連勝をささげる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月11日のニュース