カズ×朴智星!23日にタイでチャリティー試合

[ 2012年5月11日 06:00 ]

ミニゲームでボールをキープする横浜FC・三浦知(右)

 日韓の英雄がアジアの子供を救う!J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(45)が23日にタイで開催される慈善マッチに特別参加することが10日、分かった。シーズン中の“海外遠征”は異例だが、山口素弘監督らとも相談。出場は45分間に限定、専属トレーナーも帯同しリーグ戦に影響のないことを確認した上で特別許可が下りた。

 この一戦はマンチェスターUの元韓国代表MF朴智星(31)が発案。00年、京都で一緒にプレーした偉大な後輩から熱烈なオファーが届き、カズの心も動いた。「朴智星からの話と言うのは大きいよね。子供たちへのサッカーの普及を考えている。タイでは大洪水の被害もあったし」。昨年6月にもベトナムで同様の慈善試合に参加した。アジア全土に勇気と元気を、との思いは強い。

 関係者によれば、他の参加選手は現在、調整中だが、欧州やアジアで活躍するスター選手と、地元タイの選抜チームが激突する形になる可能性が高い。試合の収益金は青少年サッカーの育成団体、洪水被害を受けたタイの子供たちのために使われる予定という。

 カズは6日の北九州戦に先発するなど好調をキープ。20日のアウェー松本戦後、2泊3日の強行日程でタイに向かう予定だ。それでも「本当は90分出たいよね」と笑う。アジアのサッカー界で最も影響力を持つ両雄が、アジアサッカーの発展と社会貢献を目指し“強力2トップ”を組む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月11日のニュース