柏 苦手磐田にまた敗れる…ネルシーニョ監督「明確な敗因」

[ 2012年3月31日 19:35 ]

J1第4節 柏0-1磐田

(3月31日 ヤマハ)
 柏は昨季2戦2敗と苦手の磐田に、また敗れた。ネルシーニョ監督は「相性の問題ではなく明確な敗因があった」と渋い表情だった。

 相手より5本多い14本のシュートを放ったが、先発した田中と工藤の2トップは1本も打てなかった。目立ったのは6本のレアンドロだが、何度も力み過ぎてバーの上に蹴り上げるなど空回りした。相手GKらの好守もあったが、自滅の印象が強い。

 指揮官が「(優勝して)マークされる立場になったので、これまでと違う戦術も身に付けなければ」と言えば、田中も「相手は研究してくる」と工夫の必要性を認めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年3月31日のニュース