C大阪 猛反撃及ばず今季初黒星

[ 2012年3月31日 19:53 ]

J1第4節 C大阪1-2仙台

(3月31日 金鳥スタ)
 C大阪は後半の猛反撃も及ばず、今季リーグ戦初黒星。ソアレス監督は風下だった前半にリズムを握れなかったことに触れ「影響がなかったとは言えない。普通であればボール保持ではわれわれが上回るのに、仙台が上回った」と首をひねった。

 キャプテンマークを巻いてフル出場した清武は両チーム最多のシュート4本を放ったが、無得点。後半は柿谷らと好連係を見せていただけに「自分たちで試合を難しくした。勝てた試合だった」と悔しがった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年3月31日のニュース