J1優勝チームはオークランドと対戦

[ 2011年11月17日 19:00 ]

 3年ぶりに日本で開催するサッカーのクラブワールドカップ(W杯=12月8日開幕・豊田スタジアムほか)の組み合わせ抽選会が17日、名古屋市内で行われ、開催国代表の今季J1優勝クラブとオセアニア代表のオークランド(ニュージーランド)との1回戦勝者は、準々決勝で北中米カリブ海代表のモンテレイ(メキシコ)と対戦する。

 準々決勝のもう1試合はアフリカ代表のエスペランス(チュニジア)とアジア代表のアルサド(カタール)がぶつかる。欧州代表のバルセロナ(スペイン)と南米代表のサントス(ブラジル)はシードされ、ともに準決勝から登場する。

 大会は6大陸クラブ王者など7チームが出場し、クラブ世界一の座を懸けて対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年11月17日のニュース