J2水戸G大阪撃破 元日本代表・鈴木が攻守に大活躍

[ 2011年11月17日 06:00 ]

天皇杯3回戦 水戸3―2G大阪

(11月16日 万博)
 J2水戸はJ1最多得点を誇るG大阪を延長の末撃破した。

 引っ張ったのは5カ国9クラブを渡り歩き、アマチュア契約を結んでいる元日本代表FW鈴木だ。「良いボールが来たし、マークが外れていたから当てるだけだった」と後半31分にCKから頭でねじ込み同点弾。守備でも最終ラインまで戻るなど120分間運動量は落ちなかった。「ラッキーな部分もあったけどやれた部分もある。凄く自信になる」と3大会ぶりのベスト16進出を喜んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年11月17日のニュース