内田のおかげ?鹿島が4期連続黒字…震災修繕費は5千万円

[ 2011年4月26日 18:01 ]

 J1鹿島は26日、茨城県鹿嶋市での株主総会で昨年度(2010年2月~11年1月)の収支決算が承認され、当期純損益は約1400万円の黒字となった。クラブによると黒字は4期連続で日本代表DF内田篤人(シャルケ=ドイツ)らの移籍も収入増につながった。

 鹿島によると、3月の東日本大震災で一部が損壊したクラブハウスと練習グラウンド、選手寮の修繕費に約5千万円かかる見通し。震災の影響で撤退や契約料減額を申し出たスポンサー企業はないという。井畑滋社長は「億単位(の利益)を出すのは難しいので、3千万円前後を目標としている」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年4月26日のニュース