流通経大・山村 復帰後初の対外試合で好プレー

[ 2011年4月26日 06:00 ]

練習試合 流通経大0―5鹿島

(4月25日 鹿嶋)
 流通経大のU―22日本代表DF山村が右足首痛から復帰後、初めて対外試合に出場した。前半のピッチに立ちセンターバック、ボランチでプレー。28分にスルーパスで好機を演出するなど能力の高さを見せた。

 試合後には鹿島の井畑社長と面談。Jリーグの9クラブからオファーを受けたが、既に鹿島、川崎F、磐田に絞っており、14~16日には川崎Fの練習に参加。山村は「今後、鹿島と磐田の練習に参加してから決めたい。自分が成長できる環境のクラブを選びたい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年4月26日のニュース