五輪2次予選 永井「借りを返す良い機会」

[ 2011年3月31日 08:46 ]

 ロンドン五輪アジア2次予選の組み合わせ抽選が30日、マレーシア・クアラルンプールで行われ、日本はクウェートとの対戦が決まった。

 U―22日本代表はこの日、ウズベキスタン遠征から帰国。関塚監督は「いよいよ始まると実感して気持ちが引き締まりました。(クウェートは)スピーディーな攻撃をする印象」とコメントした。

 2次予選は6月19日に国内で第1戦、同23日に敵地で第2戦を行うが、指揮官は「ホームとなる1戦目が重要。勝って良い形でアウェーに乗り込みたい」と先勝を目指す意向。2月の試合に出場したFW永井(名古屋)は「クウェートはカウンターが鋭い。自分たちの切り替えが遅くてやられた」と振り返り「借りを返す良い機会。ゴールを決めたい」とリベンジを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年3月31日のニュース