キャロル代表初ゴール!“46億円”の価値証明

[ 2011年3月31日 06:00 ]

<イングランド・ガーナ>左足で代表初ゴールを決めるキャロル(左)

国際親善試合 イングランド1―1ガーナ

(3月29日)
 出場2戦目のイングランドFWキャロルが初得点を挙げた。前半43分にゴール左前から左足で豪快に右隅へ突き刺し「得点できて最高」と笑った。

 1月にニューカッスルからリバプールへ英国人史上最高の移籍金3500万ポンド(当時約46億円)で加入。飲酒に絡んだトラブルが多く、カペッロ監督から節酒令が出されたほどだが、ピッチで実力を証明した。終了間際の失点で勝利は逃したが、指揮官は「若手が自信を持ってプレーしていた」と満足げだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年3月31日のニュース