U―22強化試合 日本はウズベクに敗れる

[ 2011年3月26日 22:10 ]

試合前に東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげる選手たち

 来年のロンドン五輪出場を目指すサッカー男子のU―22(22歳以下)日本代表は26日、タシケントのパフタコル競技場でU―22ウズベキスタン代表と強化試合を行い、0―1で敗れた。

 日本は前半13分に先制され、その後も試合の主導権を握れなかった。後半途中からFW永井(名古屋)やMF宇佐美(G大阪)らを投入。FW大迫(鹿島)が何度か惜しいシュートを放ったが、得点できなかった。

 試合は当初、29日に東京・国立競技場で行われる予定だったが、東日本大震災の影響で急きょ敵地での2連戦に変更された。

 6月に五輪アジア2次予選を控えるチームは、29日にもタシケントでU―22ウズベキスタン代表と対戦する。

 ▼関塚隆・U―22日本代表監督の話 0―1という非常に残念な結果になった。ウズベキスタンは守備が組織的でいいチームだった。ペナルティーエリアの近くまでは行けたが、そこから先の決定力がなかった。

 ▼永井の話 こぼれ球を拾われ、後手に回っていた。(途中出場してからは)負けていたのでゴールに向かって、点を取れるところでプレーしようと思っていた。

 ▼宇佐美の話 90分間、出たかったが、少ない時間の中でもボールを前に運べた。ボールも取られなかったし、あらためて通用すると思った。

 ▼権田の話 いい結果を残せず悔しい。29日にすぐ試合がある。課題を修正して臨まないと、来た意味がなくなる。みんなで話し合い、チームとしてやっていきたい。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年3月26日のニュース