U―22ウズベク戦は永井1トップ!

[ 2011年3月26日 06:00 ]

 U―22日本代表は26日午後4時(日本時間同8時)からタシケントで、U―22ウズベキスタン代表と強化試合を行う。

 25日の最終調整は本番想定の布陣で練習し、FW永井(名古屋)が1トップ、トップ下に宇佐美(G大阪)、攻撃的な左右のMFに山崎(磐田)と清武(C大阪)が入り、雨天の中で連係を確認した。主将のMF山村(流通経大)は五輪予選を意識して「(6月の)予選まで時間はない。少しでもチームでまとまりを出しながらやりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年3月26日のニュース