インテル、アズーリから試合オファー!ザック監督懸け橋に

[ 2011年3月26日 06:00 ]

チャリティーマッチについて話すザッケローニ日本代表監督

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(57)が東日本大震災からの復興に向け、日本と母国イタリアの橋渡し役を買って出た。29日の慈善試合(長居)のために25日に再来日し、インテル・ミラノやイタリア代表から慈善試合のオファーを受けたことを明かした。第二の故郷と公言する日本のために、太いパイプを生かしてマッチメークでも大きな役割を担う。

 人ごとではない。東日本大震災を体験したザッケローニ監督は険しい表情を浮かべ「日本は私の故郷で、自分はもはや日本人だと感じている。今回の震災も日本人として体験した」と話した。そして「被災者を助けるために物資などのサポートはもちろん、勇気づけたりといった気持ちの部分でもできる限りのことをしたい」と約束した。

 29日の慈善試合をその第1弾と位置付けているが、さらに「Jリーグの日程が許す限り全ての慈善試合を実現させたい」と断言。日本代表DF長友が所属するインテル・ミラノやアズーリと呼ばれるイタリア代表からも慈善試合のオファーを受けたことを明かした。

 「(インテル監督の)レオナルドもクラブも日本のために慈善試合ができたらうれしいと言っている。イタリア協会も同じ。今は開催実現のために可能な日程を見つける必要がある。

 「日本ではサッカーは人気スポーツ。できることは多いと思う。日本協会と状況をしっかり把握して、できる限りのことをしたい」。アジア杯を制し一躍、時の人となったザッケローニ監督は、日本復興と日本代表の強化に向け、一役も二役も買って出る覚悟だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年3月26日のニュース