【住之江ボート ヴィーナスシリーズ】坂野さくらがベクトル上昇 56号機の“満開”は近いぞ

[ 2024年4月21日 21:08 ]

機力“開花”の坂野(右)と師匠の今井美
Photo By スポニチ

 坂野さくら(27=福井、127期)のベクトルが上昇に転じた。

 初日から4、3、6着と低調だったが、3日目5Rをカド4コースからの捲り差しで勝ってみせた。

 「雨で回らないコンディションに変わったので、ペラを叩いて、ぶっつけ本番で行ったんです。やっと乗りやすくなりました。師匠のアドバイスのおかげです」と今節初めての笑顔。

 その師匠・今井美亜も横で「出足、舟の向きが良くなってるよ」とニッコリだ。

 56号機は、初下ろしの上田紗菜から、太閤賞の福来剛、前節の倉谷和信と気配◎。エース機候補と評判だ。雨で一気に満開のムードになっている。

 得点率6・00に“1点足らず”まで上昇した坂野。4日目の出番は1、9Rだ。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月21日のニュース