【鳴門ボート マスターズチャンピオン】菊地孝平が初出場V「昨年の井口君を見て…自分も獲りたかった」

[ 2024年4月21日 18:55 ]

12R優勝戦をインから押し切って初出場Vを飾った菊地孝平
Photo By スポニチ

 ボートレース鳴門のプレミアムG1「第25回マスターズチャンピオン」優勝戦が行われた。他5艇がコンマ20台の仕掛けの中、インからコンマ02のトップスタートを決めた菊地孝平(45=静岡)が逃げ切り、昨年の井口佳典に続く史上6人目の“初出場V”を決めた。

 経験と勘に裏打ちされた究極のスタート。菊地が“らしい”勝ち方でベテラン頂上決戦の第25代チャンピオンに輝いた。

 「外のプレッシャーが凄くて(コンマ02の)スタートは行かされた感じ。早いと思って最後は様子をみた。余裕があったら、あのスタートは行っていない。かつて歯が立たなかった先輩たちに勝てたことはうれしいし、自信になる」

 寺田祥、吉川の伸びに対抗するには、少しでも浅いところから起こしたい。しかし、進入を緩めると外の松井、赤岩が黙っていない。作戦を練りに練って、頭に描いていた位置から起こすことに成功した。

 「マスターズは今回初出場だったけど、いつも戦っている同じメンバーだったので違和感はなかった。師匠の金子良昭さんも勝っている(第15代覇者)し、昨年は井口(佳典)君が勝ったところを外から見ていてカッコいいと思った。自分も獲りたかった」と笑顔で語った。

 ◇菊地 孝平(きくち・こうへい)1978年(昭53)8月16日生まれ、岩手県出身の45歳。静岡支部所属。82期生として98年5月に浜名湖でデビュー。SGは5度の優勝。G1は今回で17度目の優勝。通算73V。この大会は初出場で優勝。同期に坪井康晴、赤岩善生、中沢和志ら。1メートル65。血液型AB。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月21日のニュース