【青葉賞 展望】武豊シュガークンに注目!連勝中のキタサンブラック半弟

[ 2024年4月21日 16:10 ]

武豊とシュガークン
Photo By スポニチ

 ダービートライアル「第31回青葉賞」(2着までに優先出走権)は27日、競馬の祭典と同じ東京芝2400メートルで争われる。

 注目は2連勝中のシュガークン。G1通算7勝キタサンブラックの半弟で鞍上は武豊。2走前の未勝利戦(阪神芝2000メートル)では好スタートから好位の外を確保。ピタリと折り合うと4角の勝負どころでスッと進出開始。直線入り口で先頭に立つと2着に1馬身1/4差をつけ快勝。前走大寒桜賞(中京芝2200メートル)は重馬場をものともせず逃走V。逃げ、先行で力強く押し切る姿は偉大な兄をほうふつさせる。

 同じく2連勝で駒を進めてきたマーシャルポイントも負けていない。2勝はいずれも東京でマーク。自在な脚質が魅力だ。皐月賞で好走した共同通信杯組にも注意。1着ジャスティンミラノ(皐月賞V)、2着ジャンタルマンタル(同3着)に続き、3着だったパワーホールはマイペースで行ければしぶとい。他にもサトノシュトラーセ、ショウナンラプンタなどがエントリー。

続きを表示

「2024 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2024年4月21日のニュース