【西武園競輪 G3ゴールド・ウイング賞2日目】12Rは地元エース・平原康多が主役

[ 2024年4月21日 04:45 ]

<西武園競輪場>地元のエース平原康多
Photo By スポニチ

 令和6年能登半島地震復興支援競輪、大阪・関西万博協賛、西武園競輪開設74周年記念G3「ゴールド・ウイング賞」(優勝賞金522万円)は20日に開幕した。初日の12R特選は深谷知広が捲りで先勝。きょう2日目は二次予選7個レースが行われ、12Rは真杉匠目標の地元・平原康多が主役を務める。

 【10R】荒井に展開が向く

 展開向く荒井が中心。機動力上位の島川が巻き返し、ゴール前チョイ差し。S班の山口拳がすんなり中団なら捲ってアタマも。

 <1>山口拳矢 前回よりは良くなっている。自力勝負。
 <2>黒沢征治 もう少し気持ちが楽になるはず。自力。
 <3>荒井崇博 体自体は大丈夫。島川君に任せる。
 <4>島田竜二 <7>、<3>へ。
 <5>竹内智彦 調子はいい。上遠野君に任せる。
 <6>上遠野拓馬 自力。
 <7>島川将貴 部品が届けばセッティングをいじってみようと思う。自力勝負。
 <8>一戸康宏 黒沢君へ。
 <9>柴崎淳 山口君へ。

 【11R】深谷の脚力が断然

 スピード上位の深谷で断然。初日の動きが良かった深谷が別線の動きを見極め、自分のタイミングで仕掛けて首位。深谷の後ろは鈴木―福田の南関勢が固める。杉森は前を任せる吉田次第で上位進出がある。

 <1>鈴木裕 深谷君へ。
 <2>吉田有希 やっとかみ合ってきた。自力。
 <3>河村雅章 鈴木玄君。
 <4>元砂勇雪 中野君へ。
 <5>杉森輝大 吉田君へ。
 <6>中野雄喜 自力。
 <7>深谷知広 結果的に一番いい位置が取れた。状態は悪くない。自力。
 <8>鈴木玄人 自力。
 <9>福田知也 <7><1>へ。

 【12R】平原の番手差し

 先行力抜群の真杉に平原―中田―長井が続く関東ラインが大本線。別線は阿部―五日市の北日本勢、奥村―堤の中四国勢と単騎戦の吉田。このメンバー構成と車番なら、真杉が前受けから突っ張り先行に出てしまうと別線の巻き返しは無理。平原が番手の仕事をこなしてゴール直前で差して首位。真杉の逃げ粘りと中田の流れ込みが主力車券。穴を探せば奥村の動きに乗る堤の突っ込みか。

 <1>真杉匠 初日はやりたいことはできたが脚力が足りなかった。セッティングをいじってみる。自力勝負。
 <2>五日市誠 落車が続いていたが、徐々に良くなっている。阿部君へ。
 <3>堤洋 奥村君へ。3場所前の別府でも連係した。
 <4>奥村諭志 自力勝負。
 <5>平原康多 深谷君の加速が凄過ぎた。力の差を感じた。参りました。ただ、前回の感じなら置いていかれていると思うし良くはなっている。真杉君へ。
 <6>長井妙樹 関東4番手。いい位置だし緊張する。
 <7>阿部拓真 自力自在。
 <8>吉田健市 決めず。
 <9>中田健太 黒沢君の気持ちの強さでいい展開になった。最近は2日目が一番いい。今回もまた良くなると思う。関東3番手へ。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月21日のニュース