【鳴門ボート 第25回マスターズチャンピオン】寺田祥 猛烈な追い上げで3着入線

[ 2024年4月21日 18:29 ]

12R優勝戦で激しい道中戦を制して3着に入った寺田祥
Photo By スポニチ

 <鳴門G1最終日(21日)>ボートレース鳴門のプレミアムG1「第25回マスターズチャンピオン」は21日の最終日12Rで優勝戦が行われ、寺田祥(45=山口)が猛烈な追い上げでレースを盛り上げた。

 4コースカドからスタートを切ると艇を伸ばして握ったが3コースの赤岩善生に抵抗されてバック5番手に。粘り強い走りで3番手争いをする吉川元浩、谷村一哉に追いつくと、最終ターンで逆転して3着に入った。

 「追い風に変わって張り切って行ける条件ではなかったのでスタートは行ける範囲で全速と思っていた。伸びたけどスタートですね。道中は競れたのであの辺は悪くなかった」と振り返った。

 マスターズCについては「普通のG1よりコース取りも分かりやすいし、その辺で面白さがあった」。初出場Vとはならなかったが充実の表情を浮かべていた。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月21日のニュース