【中山記念】56歳・横山典弘、マテンロウスカイVに導いた!JRA通算2941勝 歴代2位あと2

[ 2024年2月25日 15:51 ]

G2・中山記念 ( 2024年2月25日    中山芝1800メートル )

<中山記念>レースを制したマテンロウスカイの横山典は歓喜のジャンプ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 25日のG2・中山記念は、マテンロウスカイ(セン5=松永幹)が制した。

 マテンロウスカイは父モーリス、母レッドラヴィータ(母の父スペシャルウィーク)の血統で通算17戦5勝。重賞は初勝利となった。

 騎乗した横山典弘は2日前の23日に56歳になったばかり。自身が保持していたJRA重賞最年長勝利記録を更新。JRA通算2941勝で、歴代2位の岡部幸雄(2943勝)まであと2勝とした。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年2月25日のニュース