【阪急杯】傾向と対策

[ 2024年2月25日 05:27 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1番人気【3・1・1・5】と2番人気【3・1・2・4】が中心だが、6番人気、11番人気が1勝、7番人気が2勝しており波乱含み。

 ☆枠番 1枠は【1・2・0・14】、2枠は【1・0・3・14】で内はそこまで結果が出ていない。7枠【4・0・1・19】が圧倒的。次点で6枠【2・1・0・17】。8枠も【1・1・2・21】と健闘しており外枠有利。

 ☆前走距離 1400メートル【4・5・3・34】、1600メートル【4・3・4・43】が強い。1200メートルは【2・2・3・54】で一枚劣る。

 結論 ◎ダノンティンパニー ○アサカラキング ▲エンペザー

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年2月25日のニュース