×

1年目で重賞初騎乗初勝利の池添、快挙の今村に「これから凄いことになる」

[ 2022年7月3日 17:22 ]

池添謙一
Photo By スポニチ

 小倉11RのG3・CBC賞(芝1200メートル)は、今年デビューの新人・今村聖奈(18=栗東・寺島)が騎乗したテイエムスパーダ(牝3=五十嵐)が、JRAレコードとなる1分5秒8で逃げ切りV。重賞初騎乗初制覇の快挙を達成した。

 前回、デビュー1年目の重賞初騎乗初勝利を達成したのが池添謙一。98年北九州記念をトウショウオリオンで逃げ切った。池添は「自分と同じ(逃げ)だったので懐かしいなと思って見ていた。自分は阪神で坂もあったからなおさらだったけど、聖奈も直線が長く感じたんじゃないかな」と笑顔を見せた。

 普段から栗東トレセンで親交があるかわいい後輩の快挙。「これから凄いことになるんじゃないですか。まだまだ始まったばかりですし、女性騎手を代表する一人として頑張ってほしいです」とエールで締めくくった。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年7月3日のニュース