×

【ラジオNIKKEI賞】傾向と対策

[ 2022年7月3日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1番人気【2・3・0・5】、2番人気【3・0・0・7】、以下3~5番人気各1勝。8番人気が2勝。1番人気の信頼度は低い。人気薄の好走が目立ち、6番人気以下は【2・6・7・84】と連対率、3着内率も高い。過去10年では毎年6番人気以下の馬が馬券に絡んでいる。

 ☆ハンデ頭 【2・1・0・16】。勝った馬は2頭のみ。今年は56キロのベジャールがハンデ頭。過信は禁物だ。

 ☆デビュー戦着順 1着【6・4・5・34】、2着【2・1・2・25】、以下7着2勝。デビュー戦勝ち馬の好走率が高い。

 結論 ◎ソネットフレーズ ○ミッキーブンブン ▲タガノフィナーレ

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年7月3日のニュース