×

【日本ダービー】ジオグリフ&イクイノックスでワンツー再び 木村師「凄い責任と緊張」

[ 2022年5月23日 05:30 ]

坂路で日曜追いを行うジオグリフ=手前(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 戦いが始まった。皐月賞で1着(ジオグリフ)、2着(イクイノックス)を独占した木村哲也師(49)。ダービーでのワンツー・フィニッシュが決まれば67年藤本冨良師以来、実に55年ぶり。グレード制を導入した84年以降では初だ。

 両馬は22日、坂路で軽快に動いた。午前4時半。日の出を迎えると同時に皐月賞馬ジオグリフが水を含んだ坂路に登場。ブレッシングレイン(5歳1勝クラス)から先行。相手が忍び寄ったところで脚さばきに力がこもり、グッと引き離して半馬身先着。4F54秒8~1F12秒4を刻んだ。

 イクイノックスも現れた。ミアマンテ(5歳2勝クラス)を前で引っ張る形。促されると即座に反応した。全身を豪快に使う。最後は1馬身突き放した。4F54秒2~1F11秒9。木村師は「ジオグリフはリズム良く走れていた。いいですね。皐月賞前と同じような調整で進められている。イクイノックスもリズムがいい。走りの雰囲気は良かった」と語った。

 調教師として、これ以上ない皐月賞だった。「無事に出走させることができて、いい成果が伴って、ホッとしたというのが正直な感想。今では大変なことをした、意義のあることをした、と素直に感じています」。さあ、ダービー。「たった18枚しかない切符のうちの2枚を使わせてもらえるのは調教師として非常に恵まれており、またありがたいこと。凄い責任と緊張を感じています」。気持ちを落ち着かせて大一番に挑む。

 《59年ぶり快挙なるか》ダービーでの厩舎ワンツーは過去4度。そして尾形藤吉師は52、63年の皐月賞もワンツーを決めている。木村師が同一年皐月賞&ダービー・ワンツーを決めれば59年ぶり史上3度目。なお、尾形師の2度はともに皐月賞からダービーにかけての着順入れ替わりはなかった。イクイノックスはジンクス破りの逆転に挑む。

続きを表示

この記事のフォト

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年5月23日のニュース