×

【オークス】サウンドビバーチェ放馬で競走除外、G1最長の発走15分遅れ

[ 2022年5月23日 05:10 ]

<東京11R・オークス>スタート前に放馬してしまったサウンドビバーチェ

 サウンドビバーチェが競走除外となり、オークスは18年(トーセンブレスが出走取消)以来、4年ぶりに17頭で行われた。スタンド前の発走地点でラブパイローに蹴られて放馬。コースとは反対回りに駆け出し、向正面まで行ったため、取り押さえるのに手間取って発走がG1最長となる15分遅れた。サウンドビバーチェは馬体検査の末、顔部挫創を発症していたため競走除外となった。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年5月23日のニュース