×

【オークス】サークルオブライフ12着 痛恨の出遅れ、2歳女王雪辱ならず

[ 2022年5月23日 05:10 ]

<東京11R・オークス>12着に終わったM・デムーロ騎乗のサークルオブライフ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 単勝3・2倍の1番人気サークルオブライフは12着。2歳女王のリベンジはならなかった。スタートで立ち遅れ、直後に前をカットされて最後方からの競馬。爆発的な末脚は見られなかった。

 M・デムーロは「ゲートでイライラしていた。最初から脚が出ない感じで最後の反応もなかった」。国枝師は「ゲートの後ろで気持ちが高ぶって終わってしまったかな。返し馬もピリピリしていた。今までこんなことはなかった」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年5月23日のニュース