×

【プリークネスS】アーリーヴォーティングV Kダービー見送って狙い通り戴冠

[ 2022年5月23日 05:05 ]

プリークネスSを制したアーリーヴォーティング=左(AP)
Photo By AP

 米国クラシック3冠の第2ラウンド「第147回プリークネスS」は21日、メリーランド州ボルティモアのピムリコ競馬場(ダート1900メートル)で9頭で争われ、J・オルティス騎乗の3番人気アーリーヴォーティング(牡3=C・ブラウン、父ガンランナー)が内から差したエピセンターに1馬身1/4差で押し切った。

 4月9日のウッドメモリアルS2着後、ケンタッキーダービーを見送り、狙い通りG1をつかんだ。3冠最終戦のベルモントS(ベルモントパーク、ダート2400メートル)は6月11日に組まれている。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年5月23日のニュース