×

【天皇賞・春】(16)タイトルホルダー 輸送後も順調、栗田師「決められたところでやるだけ」

[ 2022年5月1日 05:30 ]

 タイトルホルダーは金曜午後に阪神に到着済み。土曜朝は厩舎周りの運動とスクーリングを行った。現地から報告を受けた栗田師は「事故渋滞で多少時間はかかったようですが体重の変動もなく、馬も落ち着いています」。阪神は菊花賞でG1初制覇を飾った思い出の地。「枠(16番)は決められたところでやるだけ。ジョッキー(横山和)は、これで3度目の騎乗。馬との信頼関係も築けているでしょう」と好走を祈った。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年5月1日のニュース