×

【天皇賞・春】タイトルホルダー、圧逃戴冠!史上初親子3代制覇の横山和生「うれしい」

[ 2022年5月1日 15:45 ]

G1・天皇賞・春 ( 2022年5月1日    阪神競馬場 芝3200メートル )

<天皇賞・春>2着に7馬身の大差をつけ天皇賞・春を制したタイトルホルダー(右)(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 伝統の古馬長距離王決定戦、天皇賞・春は、タイトルホルダー(牡4=栗田)が制し、昨年の菊花賞に続くJRA・G1通算2勝目を挙げた。

 タイトルホルダーは父ドゥラメンテ、母メーヴェ(母の父モティヴェーター)の血統。通算成績は11戦5勝。重賞は4勝目。

 横山和生はJRA・G1初制覇。栗田師は昨年の菊花賞(タイトルホルダー)以来となるJRA・G1通算2勝目。天皇賞・春は初制覇となった。

 祖父・横山富雄、父・典弘に続いて和生は史上初の天皇賞・春を親子3代で制覇。「タイトルホルダーと仲良く走ろうという気持ちで。タイトルホルダーに教えてもらった。(3代制覇は)うれしい」と胸を張った。

 ▽天皇賞・春 1905年(明38)創設の「エンペラーズカップ」が前身。37年(昭12)秋から「帝室御賞典競走」として東西で春秋2回開催に。戦争による中断を経て47年春に「平和賞」として復活。同年秋から「天皇賞」に改称。

続きを表示

この記事のフォト

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年5月1日のニュース