×

【天皇賞・春】タイトルホルダーの山田オーナー「まずは宝塚記念になるのかな」凱旋門賞も登録へ

[ 2022年5月1日 17:39 ]

G1・天皇賞・春 ( 2022年5月1日    阪神競馬場 芝3200メートル )

<天皇賞・春>天皇盾を下賜されるタイトルホルダーの山田弘オーナー (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 タイトルホルダーの古馬最高の栄誉を獲得し、表彰式で壇上に立つ山田弘オーナーは誇らしげだった。

 JRA・G1は昨年の菊花賞以来で通算3勝目(サウンドトゥルーで16年チャンピオンズC勝ち)。天皇賞・春は初出走で初勝利となった。「年明けに一頓挫あり心配しましたが、そこから驚異的な回復を見せてくれた。厩舎のスタッフが力を注いで仕上げてくれました。最高の状態で来られたし、(ジョッキーも)馬の力を信じて乗ってくれた」。凱旋門賞にも登録する方向で「まずは宝塚記念になるのかな」と話した。

続きを表示

「2022 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2022年5月1日のニュース