×

【天皇賞・春】史上初親子3代制覇の横山和生「うれしい」 完璧逃げ切り「僕が邪魔しないようにと」

[ 2022年5月1日 16:26 ]

G1・天皇賞・春 ( 2022年5月1日    阪神競馬場 芝3200メートル )

<天皇賞・春>タイトルホルダーで逃げ切り勝ちしガッツポーズの横山和生騎手 (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 天皇賞・春をタイトルホルダーが制し、鞍上の横山和生騎手は祖父・横山富雄元騎手、父・横山典弘騎手に続いて、親子3代での同レース制覇となった。

 富雄元騎手は71年にメジロムサシで制覇。また、典弘騎手は96年のサクラローレル、04年のイングランディーレ、15年のゴールドシップと3勝を挙げている。

 なお、横山家はすでに天皇賞・秋で親子3代制覇を達成済み。富雄元騎手が69年にメジロタイヨウ、典弘騎手が09年にカンパニー、さらに和生騎手の弟・武史騎手が21年にエフフォーリアで制している。

 勝利ジョッキーインタビューでの横山和の一問一答は以下。

 ――今の気持ちは

 「とってもうれしいです、はい」

 ――レースを振り返って

 「前走、乗せていただいて、タイトルホルダーと感じたものを今日は大切に乗せていただきました」

 ――理想的な逃げ切りだった

 「返し馬の雰囲気で馬の良さは感じていた。タイトルホルダーの力を信じて、僕が邪魔しないようにと思って乗りました」

 ――ジョッキー生活で初のタイトル

 「率直にうれしいです」

 ――今後、タイトルホルダーに期待することは

 「タイトルホルダーはこの先、まだまだ良くなる余地が残っている馬。その中でこのような結果を出してくれるのはこの先、楽しみが広がる競馬だった」

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年5月1日のニュース